通信教育で教員免許資格取得の大学と種類

リクルートの社会人のための通信制大学・大学院情報! まずは無料資料請求からどうぞ♪

社会人向けの大学・大学院・通信制大学情報 >>> 無料資料請求からどうぞ♪

通信教育で教員免許を取得できるのか

みなさん通信教育で教員免許が取れることをご存知でしょうか。教育職員免許法第3条では「教育職員は、この法律により授与する各相当の免許状を有する者でなければならない」と規定し、免許状主義を宣言しています。この法規定によって教員になるためには免許状の取得が必要になります。


通信教育で教員免許を取得する場合に限りませんが、教員免許状の種類には普通免許状、特別免許状、臨時免許状の3種類があります。平成16年10月1日から構造改革特別区域法の認定による特例特別免許状も新設されました。通信教育の課程で取得できる教員免許状はこのなかでも「普通免許状」だけになります。


通信教育での通信教育のメリット利点としては、やはり教員免許取得のための勉強を自分の好きな時間に自分の好きなペースで学習できることです。わざわざ大学などに通わなくてもいいので場所を選ばないのも利点の一つです。また、通学で大学に通う人よりも在学期間が長いため、余裕を持って通信教育の教員免許の勉強ができることもあげられます。


通信教育に限らず教員免許の普通免許状はすべての都道府県において、一度取得すると一生その効力を持ちます。学歴または教職経験年数等に関する基礎資格をもっていれば、大学の講義や通信教育などで所定の単位を取得した上で、各都道府県教育委員会へ申請することによって普通教員免許状を取得できます。

通信教育で教員免許を取得する方法とは

教員免許の取れる通信教育はどこでも受講できるわけではありません。教員免許を通信教育で取れるといえども学校教育法(第54条の二および第69条の二)に定められた正規の高等教育課程ですので、文部省の認可した大学・短期大学(玉川大学や聖徳大学ほか)にのみ設置されています。ここで通信教育で受講し教員免許の単位取得すれば、教員員免許が取れるのです。


通信教育においての教員免許取得に必要な単位習得方法としては、まずは配布されたテキストに沿って自宅学習をします。各教科ごとにそれぞれ課題がありますので、その課題に沿ってレポートを作成し提出します。その後テストを受け、合格すると通信教育でも大学に通うのと同様の教員免許の単位を習得できるのです。


教員免許取得の通信教育には非常に便利な方法があります。これはその大学にもよるのですが、大学を卒業してから、他大学の通信教育と卒業した大学の科目等履修を並行して受講できる方法があるのです。通信教育に限らず教員免許の申請についてはただ必要な単位が揃えば申請できるので、同時期に2ヶ所で単位を履修していても問題ないのです。


通信教育の教員免許制度を上手く使えば、高校卒業でも頑張れば4年以内に2種の教員免許を取得することができます。ちなみにこの教員免許の2種免許取得のためには、「短期大学卒業(準学士)の基礎資格を有する」か、「大学に2年以上在学し62単位以上修得していること」が条件になりますので、教員免許に関する規定を事前にしっかり確認しておきましょう。

通信教育で取得できる教員免許の種類と大学

通信教育で取得できる高校の教員免許は国語科・地理歴史科・公民科・書道科・商業科・英語科・中国語科・数学科・保健科・家庭科・宗教科・美術科・工芸科・情報科・福祉科の15教科です。ただし高等学校教諭の場合は2種免許状はありませんので、最低でも通信教育で教員免許取得までに2年はかかると見越しておきましょう。


通信教育で教員免許状を取得できる大学としては、たとえば小学校であれば、聖徳大学 人文学部、玉川大学 教育学部、創価大学 教育学部、日本女子大学 家政学部、明星大学、明星大学 人文学部、佛教大学 教育学部などがあります。


また従来の通信教育の利点を活かしインターネット方式のスクーリングや、双方向オンデマンド方式のスクーリングを実施している大学もあります。通信教育で教員免許を取得したい人がいつでもどこでも学べる、頑張ればだれでも通信教育で教員免許を取得することができる環境が徐々に整備されてきたといえるでしょう。

教員免許を通信教育で学ぶ人へ補助控除制度

通信教育で教員免許取得を目指す人には条件にもよりますが勤労学生控除を受けられる場合があります。働きながら教員免許取得(に限りませんが)のために通信教育で学ぶ学生のための制度で、所得税法の規定する「所得金額に対する勤労学生控除」が適用されます。独立した生計者で、年収130万円以下の方が対象になっています。納税者が所得税法上の勤労学生に当てはまる場合に受けられる所得控除で、控除できる金額は27万円です。


こうした通信教育で教員免許を取得したい人向けの補助・控除制度が受けられるかについては、税務署か勤務先に問い合わせれば、自分が適用されるかどうかをすぐに調べられます。こういった補助・控除制度があるのも通信教育制度の魅力といえるでしょう。


通信教育で教員免許資格取得の大学